流山市で執り行われている葬儀の特徴

千葉県では、別れの杯というユニークな葬儀の習慣があります。流山エリアでも一部で見られますが、お焼香の前に、おちょこに入れた少量のお酒を遺族が順に飲みます。

さらに、塩味のお餅を弔問客に振る舞うという風習も見られます。

また流山では、香典返しにお茶や梅干しを用いることが多いです。その他、流山では最近、樹木葬が行われるようになっています。このタイプの葬儀では、一般的に墓標に樹木を使いますが、苗木を植える場合もあります。

墓の承継を行わないという特徴もあり、宗旨宗派は問いません。

一人用から家族用まで様々な形式があります。

流山で葬儀に関する予備知識が満載です。

また少子化に伴い、少人数で行う家族葬も執り行われています。
家族葬では弔問客を呼ばないので、落ち着いて故人とお別れができるのがメリットです。

さらに会葬品も少なくて済み、場所も比較的コンパクトな場所で行えます。



ただし近所の人々や友人、知人に理解してもらえないこともあるため、誰に連絡するかを慎重に決める必要があります。また日が経ってから、友人が弔問に訪れるというケースが考えられます。
その時は、香典に対して個別に返礼をしなければなりません。

さらに直葬と呼ばれる葬儀も行われています。


直葬は儀礼的なことを最小限にしているため、予算の少ない遺族に利用されることが多いです。


しかし直葬であっても、葬儀社によっては簡易的な祭壇を設けることもあり、満足できる葬儀になります。



また施設に入所していた高齢者で、友人たちがすでに他界している場合も、直葬が行われることがあります。