通販でお肉を買うのは簡単
2021年8月21日

居酒屋の起源はどこから

最も身近で一人でも大人数でもお酒を楽しめる居酒屋。古来より日本にはお酒はありましたが、このような形態ができたのはいつごろなのでしょうか。起源は江戸時代に酒屋がその場でお酒を提供するようになったことだと言われています。はじめはお酒だけを提供していましたが、次第に簡単なおつまみを出すようになったのだそうです。

お店に居続けて飲むということからこのネーミングがつけられました。現在の居酒屋の特徴として、お通しというシステムが存在しています。一般的には小鉢や小皿に盛り付けられている一品料理が最初に頼んだお酒とともに提供されます。これは料理ができるまでのつなぎのようなもので、何も言わなければ必ずと言っていいほど付いてきます。

料金は300円から500円ほどです。お客とお店の間で、頼んでもいないこの料理について揉めるという事例もあり、どうしても嫌な場合はお通しをカットできるお店もあります。居酒屋にはたくさんの料理がありますが、どこのお店にも必ずと言っていいほど枝豆がメニューにあります。枝豆はビールなどのお酒と相性が良く、尚且つ提供されるスピードの速いメニューであり、ほとんどのお客さんが頼んでいます。

この枝豆はその味だけでなく、肝臓の脂肪を取り除く役目もあるので、肥満が気になる方はお酒と一緒に枝豆を食べるとよいでしょう。現在、様々な居酒屋があり、お店によって雰囲気やメニューが異なります。自分の好みのお店を探すのも楽しみのひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です