通販でお肉を買うのは簡単
2021年4月6日

贈る相手に合わせたギフトにするには

ギフトを贈る機会は、お中元、お歳暮や誕生日などのお祝いなど、様々なシーンがあります。ギフトを選ぶポイントは、それぞれのシーンや相手によって変わってきます。では、どんな時、どんな人に、どんなギフトを選べば良いのでしょう。まずは、人付き合いで大切な役割を果たす、お中元、お歳暮の選び方です。

この場合、商品の金額が分かりにくいということをポイントにして選んでみましょう。この時期は、デパートやスーパーで数多くのギフト用商品を販売しています。定番商品も多くあり、多くの人が、大体この商品ならこのくらいの価格というのが分かってしまいます。そこで、利用したいのが、あまり知られていないお取り寄せ品です。

ただ、デメリットとして、デパートなどからの配送よりも送料の負担がかかってしまうことがあります。ですので、送り先の数が多い場合は、あまりお薦めはできません。しかし、送り先が少ない場合なら、あまり知られていないけど、味は絶品というような商品を選べば、受け取った相手も喜んでくれるでしょう。次に、誕生日や母の日、敬老の日などのプレゼントと呼ばれるような贈り物の場合のポイントです。

もちろん、相手の好みも大切ですが、受け取った時の見た目も重要視されてきます。プレゼントは配送してもらうこともありますが、多くは手渡しで、お中元のように相手先の家庭へ贈るのではなく、個人から個人への贈り物です。そういった物を贈る時には、華やかなラッピングをして、見た目に高級感を出しましょう。どんなに高級な商品が入っていても、粗末なラッピングでは、受け取った時の嬉しさは半減します。

心理的にも「良い物をもらった」と感じさせるのは、明るい色合いの華やかなラッピングです。せっかく選んだ商品の価値を下げないためにも、ラッピングには気を付けましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です